貴方の後頭部、
お辞儀できる状態ですか?
暗くなっている男性

出産でホルモンバランスが崩れると髪が抜けやすくなる

妊娠・出産は女性にとって、人生において一大イベントです。
赤ちゃんの誕生は喜ばしい事ですが、妊娠・出産によって女性は、身体に大きな変化が起こりやすくなります。
その変化の1つとして挙げられるのが「抜け毛」です。
出産後、ごっそり髪が抜けてしまった・1本1本が細くなりボリュームが無くなったと感じる女性も少なくありません。

なぜ、出産後に抜け毛が増えるのかというと、ホルモンバランスが関係していると言われています。
妊娠中はそうでない時と比較すると、女性ホルモンバランスが変化するのが特徴的です。
妊娠していない時はエストロゲンと、プロゲステロンという2つの女性ホルモンが交互に優位に働いており、このバランスの変化によって排卵や生理が起こります。

一方、妊娠中はエストロゲン・プロゲステロン共に分泌量が増加するのが特徴です。
この2つの女性ホルモンの量が保たれる事によって、安全な出産が出来ると言われています。
しかし、出産後は多く分泌しすぎた女性ホルモンを、早く正常なホルモンバランスへ戻そうとして一気に分泌量が減少してしまいます。

急激なホルモンバランスの変化に身体がついていかず、出産後は様々な不調やトラブルを感じやすくなるのですが、その中の1つに挙げられるのが抜け毛です。
女性ホルモンの1つエストロゲンは、髪の成長を促進させると言われています。
髪の成長期が長くなればなるほど、太く長い髪が育ちますが成長期が短くなると、まだ成長途中にある髪も抜けてしまいます。

結果、抜け毛が増えたりボリューム感が無くなったと感じる原因となります。
また、エストロゲンだけでなくプロゲステロンの分泌低下も、髪が抜ける要因です。プロゲステロンにも育毛をサポートするような働きがあります。
髪が抜けるという事は、女性にとっては大きな悩みになってしまいます。
出産後も美しい髪をキープしたいなら、女性ホルモン分泌の減少を食い止めるケアが必要です。

大豆イソフラボンでホルモンバランスを整える

出産後、抜け毛が増えるのを予防・改善したいなら、分泌量が減ってしまったホルモンバランスを整える事が大切です。
おすすめなのが、大豆イソフラボンを摂取し整える方法です。大豆イソフラボンは文字通り、大豆に多く含まれている成分です。
女性ホルモンと同じような働きをする、エストロゲン作用があると言われています。

大豆イソフラボンを積極的に補う事によって、出産後減ってしまった女性ホルモンをサポートするような効果が期待出来ます。
補う事によってホルモンバランスも整うので、出産後の抜け毛対策にとても有効な成分です。
大豆イソフラボンは加工しても、成分が失われにくいと言われています。

大豆そのものではなく加工品でも、手軽に補えるので毎日の食事に取り入れやすいでしょう。
豆腐や納豆、豆乳といった大豆加工品であれば、簡単に補う事が可能です。
もし、大豆製品が苦手というのであれば、サプリメントで補うのも良いでしょう。サプリメントであれば、味を気にする事なく摂取出来ます。

ただ、早く効果を実感したいからといって、過剰に摂取するのは危険です。
大量に摂取してしまうと、余計にホルモンバランスを崩してしまうリスクもあります。
豆腐や納豆などの食品から補う場合、1日の摂取量目安の上限は70mgから75mgと言われています。
もしサプリメントで摂取したいという場合は、1日1日30mgが目安です。

食事で大豆イソフラボンを補うとなると、何をどのくらい食べれば必要量摂取できるのか気になる方もいるでしょう。
納豆1パックを食べれば、ほぼ1日分に必要な量を補えます。
お味噌や油揚げ、きなこなどにも多く含まれる大豆イソフラボン、毎日補いやすい成分ですので抜け毛対策として取り入れてみましょう。