貴方の後頭部、
お辞儀できる状態ですか?
暗くなっている男性

薄毛に効く医薬品は個人輸入がお得

テレビコマーシャルをはじめとしてマスメディアで宣伝されているように、薄毛はクリニックで治療を受けることが出来るようになっています。
これは、今から10年以上前の2005年に、飲む育毛剤とも呼ばれている内服薬が厚生労働省に承認されたことがきっかけです。
ちなみに、この内服薬は1年間かけて実施した臨床試験において、被験者の58パーセントに軽度改善以上、98パーセントに不変以上の効果があったことが確認されています。

さらに、この内服薬以外にも様々な種類の医薬品が考案されており、薄毛の進行を防ぐことはそれほど難しいことではなくなっています。
また、薄毛になって間もない時期であれば、元の状態にまで回復させることも充分に可能です。

ただし、クリニックによる薄毛治療には、超えなくてはならないハードルがあります。
それは、健康保険が適用されないので費用は全て実費となるということです。
何故なら、髪の毛は生命に直接関与している部分ではないので、治療は全て美容目的と認識されるからです。

さらに、現在の薄毛治療は根本的に改善する方法は考案されておらず、根治ということを実現することは出来ません。
つまり、医薬品を服用している間だけ作用するということで、使用しなくなれば再び薄毛が進行することになります。
このために、現在のところは生涯治療の様な内容であり、薄毛を受け入れられるようになるまでは医薬品を服用し続けなくてはならないということです。

ちなみに、クリニックで処方されている飲む育毛剤などの医薬品の値段は、1か月分で6000円~8000円程度が平均的な相場です。
つまり、1種類だけの処方であっても1年間での費用は7万円~10万円ほどにもなるということで、複数の医薬品を購入する場合はさらに大きな金額となります。
しかも、これがその後もずっと続いていくので、費用面での負担はかなりのものになり、ある程度の経済的な余裕が必要となります。

ただし、お金がない人でも薄毛に対処する方法が何もないというわけではありません。
具体的には、飲む育毛剤などの医薬品を個人輸入代行から購入するという方法があるからです。
こちらの場合であれば、クリニックの10分の1未満の費用で医薬品を入手することが出来ます。

個人輸入を利用する時は偽物の薬に注意する

個人輸入代行業者が、薄毛を予防・改善する効果を期待できる医薬品を低価格で提供している仕組みは、ジェネリックを取り扱っているからです。
ジェネリックとは、先発医薬品と同じ成分を配合した医薬品のことで、研究開発費がかからないために先発医薬品よりもかなりお得な値段で販売することが可能です。

なお、作り方や添加物まで同じではないので、ジェネリックは先発医薬品と全く一緒というわけではありません。
ただし、主成分は同じものを配合しているので、適応症に関しては同等の効果を期待できます。
つまり、薄毛を予防・改善することを目的としたエフペシアといったジェネリック医薬品は、クリニックで処方されるものと同じ効果を期待できるということになります。

さらに、個人輸入代行業者では、送料無料やまとめ買いなどのメニューを用意しており、かなりリーズナブルな値段で入手することが出来ます。
ちなみに、クリニックではまとめ買いなどは行っていないので、金銭面に関しては個人輸入代行業者から購入する方が断然お得です。

ただし、個人輸入代行業者を利用する際には、注意しなくてはならない問題があります。
具体的には、偽物が混じっている可能性がゼロではないうえに、偽物であっても交換することが出来ないケースがあるということです。
つまり、自己責任において購入しなくてはならないということです。

このように注意が必要となる個人輸入代行業者の利用ですが、リスクを上回るほどの魅力があるのは間違いありません。
何よりも、お金をそれほどかけずに育毛に取り組めるということは、この上ないメリットです。
ちなみに、返品や交換に応じている個人輸入代行業者もあるので、偽物に対して何も手立てがないというわけではありません。