貴方の後頭部、
お辞儀できる状態ですか?
暗くなっている男性

薄毛は遺伝の影響はあるの?

薄毛

薄毛の原因として「遺伝」もその一つにあげられます。
父親がハゲていると自分も将来ハゲると言われていますが、薄毛は遺伝するのかどうかを一言で言うと、遺伝することは事実です。
ここでポイントとなるのが、薄毛の遺伝子は父方からなのか、母方からくるのかということです。
このあたりをしっかり押さえておくと、自分が将来ハゲる可能性がどのくらいあるのかということがおおよそ分かってきます。

薄毛の原因となるのは、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)です。
これは5α-リダクターゼ酵素によって通常の男性ホルモンのテストステロンが変換され生成されたものとなります。
ジヒドロテストステロンの持つ作用には、毛髪の成長サイクルを短くするというのがあるため、毛髪が十分に育っていないのに抜け落ちていくことを繰り返し、薄毛になっていくことが分かっています。

5α-リダクターゼ酵素が多く存在する部位は額の生え際・つむじだということ、テストステロン分泌量には個人差がほとんどないことがあげられます。
それに対して、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換してしまう5α-リダクターゼ酵素分泌量は遺伝により人それぞれ違っていることなどが分かっています。
この5α-リダクターゼ酵素を多く分泌させる体質の遺伝は、父方・母方両方から優性遺伝しますので、親のどちらかがこの遺伝子を持っていれば、子どもにもその活性が現れるということになります。

遺伝の仕組みは、人間が誰でも持っている常染色体とは別に、父親の精子に含まれているX、Yという2種類の染色体のどちらかと、母親の卵子に含まれている2つのX染色体のどちらかとがひっつきペアを作ることで男女の性別を決め、さまざまな体質等を受け継ぐものです。
男性の染色体はXY、女性はXXという染色体によって性別が決まるということです。
両親からそれぞれ一つずつ染色体を受け継ぐ形ですので、男性のX染色体はおのずと母親からのみ、女性は両親からX染色体をそれぞれもらいます。

ここでポイントとなるのが、DNAで構成されていて遺伝の役割を担っている染色体において、男性が受け継ぐX染色体には、母、母方の祖父という2つの遺伝情報が入っているということです。
ここ最近では父親からもらうY染色体にも薄毛遺伝子が入っていることがあるという研究結果もあるようですが、一般的には母親からのX染色体の持つ優性遺伝子が大きく影響すると言われています。

薄毛遺伝子は、一つの遺伝子のみで決まるものではありません。
母親からの遺伝として受け継ぐX染色体に含まれている&ロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)の存在があって、はじめてジヒドロテストステロンとくっつくことで薄毛因子となります。
母方の祖父がもしハゲている場合、母親にその体質が遺伝していることが多いため、隔世遺伝と言う形で孫に薄毛体質が遺伝として現れることになります。

女性ホルモンは脱毛防止作用がありますので、母親の毛髪が薄くなくても母方の祖父が薄ければ、自分も薄毛遺伝子を持っている可能性はあります。
この薄毛遺伝子が遺伝する確率は25%ほどだと言われていますが、同じ母親から生まれた兄弟でも、髪の毛が薄くなるかどうかは遺伝子によるところもあり、その他の原因が絡み合って現れる場合も多いため、遺伝によって確実に薄くなるというわけではありません。

人間の持つ染色体の数は47本もありますので、同じ両親から生まれる子供の染色体ペアの種類も非常に多くなり、まったく同じ遺伝子を受け継ぐという可能性はほとんどないと言ってよいでしょう。
そのため、兄弟姉妹でも遺伝や体質等に個人差があるのは当然のことと言えます。
これらのことを総合すると、薄毛になる可能性は親から遺伝はするけれども、将来的にハゲる可能性は未知数と言える、という結論になります。